マイレージのためのクレジットカードを比較する

 飛行機のフライトで大きく貯めたマイレージ、日常生活でも増やしていくことができます。その時に必須アイテムとなるのがクレジットカードです。航空会社と提携しているマイレージが貯まるクレジットカードを利用することで、日々の買い物でもマイレージを貯めることができるわけですね。

 このページではクレジットカードの比較、ということはしません。まずはどのマイレージを貯めるのかをマイレージプログラムの比較ページを参考に決めてもらって、そのマイレージが貯まるクレジットカードを選んでもらいたいと思います。

 その上でどのカードを使うのかを考えましょう。基本的に、マイレージ用のクレジットカードは200円で1マイルのものと、100円で1マイルのものに別れます。どちらを選ぶかは、どの程度マイレージを貯めたいかによります。どんどんマイレージを貯めたいんだ!という方には、年会費が高くても100円で1マイルのカードをお勧めしますし、ちょっと足りない分だけ貯まればいいという方には、年会費が安い200円で1マイルのカードをお勧めします。

 最近では「陸マイラー」なんていう言葉があるぐらいで、フライトなしでマイレージを貯める方がいるぐらいです。このサイトは海外旅行のノウハウが主目的で、私も陸マイラーと呼べるほどマイレージを貯めこんではいません。このページでは、あくまで気楽に日常生活でマイレージを貯めていくというスタンスで行きたいと思います。それでも、カードを使っているだけでも年間5,000マイルは軽く貯まりますので、カードを作ってどんどんカードを使いましょう。私の場合は、スーパーでも本屋でも、ちょっとした買い物でもクレジットカードを使ってマイレージを貯めています。

おすすめ航空会社のクレジットカード

 まずは、マイレージプログラムの比較ページで紹介している航空会社のクレジットカード一覧からいきたいと思います。

デルタ航空の提携クレジットカード
カード名年会費加算率
デルタスカイマイルJCBカード 1,575円(テイクオフカード)
10,500円(一般カード)
200円で1マイル(テイクオフ)
100円で1マイル(一般)
デルタ シティ クラシックVISAカード 10,500円 100円で1マイル
デルタ ダイナースクラブカード 22,050円 100円で1マイル
ユナイテッド航空の提携クレジットカード
カード名年会費加算率
マイレージ・プラス セゾンカード1,575円200円で1マイル
マイレージ・プラス ダイナースクラブカード22,050円100円で1マイル
マイレージ・プラス UCカード1,575円200円で1マイル
マイレージ・プラス JCBカード1,312円200円で1マイル
JALの提携クレジットカード
 カード名  年会費  加算率 
JALカード年会費 2,100円200円で1マイル
ANAの提携クレジットカード
 カード名  年会費  加算率 
ANAJCBカード2,100円200円で1マイル
ANA VISA/マスターカード2,100円200円で1マイル
ANAダイナースカード21,000円100円で1マイル
ANAアメリカン・エキスプレス・カード5,250円100円で1マイル

 他の航空会社でも提携クレジットカードのある会社があります。各社のHPに必ず載っていますので、ここに無い航空会社のマイレージを貯めたい方はそちらを検索してみてください。あまりおなじみでない航空会社の場合は、日本向けのカードがない場合もありますので、どこの航空会社に貯めるかはしっかりと考えましょう。カードがなければ、どうしようもありません。

 プログラムの比較でもユナイテッドとデルタをおすすめしましたが、クレジットカードの点でもユナイテッドかデルタがいいと思います。私の場合は、スターアライアンスをメインに使っていますので、ユナイテッドのカードを使っています。持っているのはユナイテッドとデルタ、両方です。

カードでマイレージを貯めるポイントは?

 さて、ここからはクレジットカードを使ってマイレージを貯めていく簡単なポイントを紹介したいと思います。とても単純ですが、クレジットカードの支払いが多ければ多いほどマイレージが貯まるわけですから、日常の生活費のうちどれだけ多くをクレジットカードで支払いできるか、ということが大事になります。日常の買い物でクレジットカードを使うのは当然として、日常の生活で支払っている各種料金もクレジットカードで支払えば、それだけマイレージを貯めることができます。料金支払いは一度手続きしてしまえばOKですから、気合を入れてやってしまうと良いと思います。

 まずはクレジットカードで料金支払ができるものを考えてみましょう。

  • 光熱費(電気・ガス・水道)
  • 電話代(固定電話・携帯電話)
  • インターネット料金(プロバイダ)
  • テレビ(NHK・ケーブルテレビ・CSなど)
  • 新聞
  • 保険料(自動車保険、生命保険など)
  • 税金
  • 国民年金

 こんなところです。意外といろいろとあると思いませんか?詳しくはVISAのこちらのページに書いてありますので、こちらも参考にしてみてください。

 それでは、個別に見ていきましょう。

 まず光熱費(電気・ガス・水道)です。電気は、電力10社すべてクレジットカード支払いができます。都市ガスは、会社によって違います(東京ガスはクレジットカード利用可能。他は確認を)。プロパンも、そのガス会社によりますので聞いてみましょう。水道は、カード払いできる所は少ないです。東京23区・多摩地区はカードが使えます。

 次に電話代。これは固定も携帯もクレジットカードで支払いができます。携帯代金は高いですので(笑)、マイレージを貯めるのに有効ではないでしょうか。インターネット接続のプロバイダ料金もカードで払えますので、これもやっちゃいましょう。

 テレビもですね。NHK、ケーブルテレビ、スカパーなどのCSも支払いできます。

 新聞は、大手5社(読売・朝日・毎日・産経・日経)は支払い可能です。地方紙の場合は、対応している所は少ないです。

 自動車保険などの保険料もカードで払ってしまいましょう。最近はネット保険も多いですし、保険は額もそれなりに大きいですからマイレージ獲得のチャンスです。

 意外と知られていないのが、税金と国民年金でしょうか。税金についてはまだ対応している自治体が少ないのですが、自動車税・軽自動車税に対応している自治体は増えてきていますのでぜひ確認を。私は以前に東京に住んでいましたが、自動車税をカードで払っていました。今住んでいるところは対応していないので、だめですが。。。さきほどリンクしたVISAのページに自治体別の一覧表がありますよ。国民年金は、会社勤めの人は関係なくなってしまいますが、自営業の方・学生さんにはチャンスです。

買い物でカードを使ってマイレージを貯める

 日常の買い物でもクレジットカードを使ってマイレージを貯めていくわけですが、これについては私は「使える所で使う」というスタンスです。日常の買い物でも徹底的に貯めるんだ!という方は、別のサイトを検索してみてください。。。たくさんのサイトが見つかります。私の場合はズボラでして(笑)、毎日の買い物でマイレージがたまるところを選び抜いて買い物するというのがどうにも面倒で、カードを使って支払いできるときはできるだけカードで支払う、というだけのスタンスでいます。毎日マイレージのことを考えるのも面倒なので。。。

 ネット通販を使うときはカードで支払うのは当然として、本屋、映画館など、カードが使えるところは使います。ただ、それだけです。それだけでもかなりのマイルを貯めることができますので、私同様めんどくさがりの方はこのスタンスで良いのではないでしょうか。徹底攻略を期待してこのページを見た方、すいません。。。