海外旅行の持ち物は何が必要?

 ここでは絶対に海外旅行の必需品・持ち物をチェックします。せっかくの海外旅行、忘れ物のないようにしましょう。もし忘れても、細かなものは現地で買えますが、忘れ物はない方がいいですよね。私はよく忘れ物をして、現地でホームセンターやスーパーなどに飛び込むことがあります。忘れ物があっても海外に出てから買うこともできますが、持ち物をしっかりチェックして、できるだけ忘れ物を少なくして楽しい旅行にしましょう!

 管理人の海外旅行の持ち物紹介のページや、管理人おすすめ海外旅行グッズのアマゾンストアもぜひ一緒にご覧ください。

海外旅行特有の持ち物

海外旅行に絶対必要な持ち物
航空券パスポート海外旅行障害保険証

 航空券とパスポートを忘れては、海外にいけませんね(笑)。

 最近は航空券はeチケットになっていることが多く、eチケットの場合は最悪忘れても大丈夫です。eチケットというのは、航空券そのものが送られてくるわけではなく控えだけもらいます。その控えを持って空港のカウンターに行くとチケットをもらえるわけですが、忘れてもパスポートか購入時のクレジットカード、マイレージの会員証で発行してもらえます。ただし時間がかかるらしいので、控えをちゃんと持って行きましょう。

 海外旅行保険は、万が一のことを考えて加入しておいたほうが良いと思います。くわしくはこちらの海外旅行保険のページで書いていますが、クレジットカードの保険を利用することもできます。一般の加入保険も、そんなに高いものではないので加入しておいて損はないでしょう。空港でも加入することもできます。

必要に応じて
国際学生証ユースホステル会員証国際運転免許証日本の免許証
重要書類コピー証明書用写真鉄道パスなど 

 国際学生証、というのは学生さんにおすすめのアイテムです。旅行する場所によっても違うのですが、この国際学生証を持っていると、海外旅行でよく行くような観光名所の入場料が割引になります。この観光のための入場料、海外旅行ではバカにならないんですね。日本では大学生協が発行機関となっています。詳しくはこちらの生協のページを見てみてください。

 国際運転免許証は、海外旅行中に車を運転する場合に必要です。この国際運転免許証は国によっては無効なところもありますのでご注意を(といっても、メジャーな国ではどこでも使えます)。国際運転免許証を使うには、海外旅行中も日本の免許証を持っている必要があります。日本の免許証と国際運転免許証はセットで有効になりますので、忘れずに両方持って行きましょう。取得は、免許センターか警察署です。

お金関係

現金(日本円)現金(現地通貨)クレジットカード

必要に応じて・・・トラベラーズチェック

 海外旅行で悩むポイントの一つ、外貨の取り扱いについては別ページで詳しく書いていますのでそちらも読んでいただきたいのですが、簡単に言うと必要最小限の外貨と、クレジットカードがあれば問題ありません。クレジットカードはVISAとmaster両方あるとよいです。

 外貨への換金は、日本でやってしまったほうが面倒がなくて良いと思います。レートの問題もありますが、私は面倒なのでいつも日本出発時の空港でやってしまいます。昔、出張でアメリカに行ったとき、とても時間がなくて急いでいたために換金を忘れて、しかも財布には3000円ぐらいしかないという恐ろしい経験をしました(笑)。カードのキャッシングでなんとかしたのですが、こんなことのないようにしっかり用意していきましょう。

旅行の持ち物

折りたたみ傘腕時計ガイドブック
カメラ・デジカメ電池・充電器コンセント変換グッズ

 基本的には国内旅行と変わらない持ち物ですが、海外の場合に重要なのはコンセント変換グッズです。携帯やデジカメなど、電気製品を旅行に持っていくわけですが、これを充電するためにはコンセントを使わないといけません。海外は日本とはコンセントの形が違う国がほとんどで、しかも電圧が違います。ACアダプタがついている場合は、アダプタが他の電圧にも対応している場合が多いのですが、コンセントの形はどうしようもありません。コンセント変換グッズについては海外旅行の電源についてのページで詳しく紹介しています。これは忘れずに用意していきましょう。

衣類

下着靴下トップス
ボトムスオーバー・コートスカーフ・マフラー
手袋帽子パジャマ

 この表は書くまでもないとも思ったのですが、とりあえずです。。。衣類は旅行先の気温に合わせてしっかり用意しましょう。私は韓国へ行った時、「近いし日本と同じような服装でいいだろ!」と適当に用意をしたら、おそろしく寒くて現地でダウンコートを買う羽目になったことがあります(笑)。しっかりと気候を調べてから海外には行きましょう。ガイドブックを買えば、その土地の年間平均気温なんていうのが載っていることがほとんどです。また、yahooの世界の天気もなかなか使えます。直近の天気予報が見れます。

 ちょっと念のためですが、パジャマは持って行きましょう。海外のホテルに浴衣はありません(笑)。これ、私の友達が実際にやったエピソードです。寝巻き用の服をまったくもっていかず、ホテルに着いてから、「なんで浴衣おいてないの?」当たり前だろ!っていうお話です。

日用品

シャンプー・リンスボディソープ洗顔料
整髪料ブラシ・くしタオル
歯磨きセットシェーバー化粧品
常備薬  

 アメニティグッズはよっぽど安いホテルでなければ置いてあるのですが、海外のグッズは肌に合わないor匂いがきついことがあるので、私はいつもひと通り用意していくことにしています。私はダメなんですよね、海外製のシャンプーとか。どうも匂いがきつくて。私の場合は、海外に行く時にかならず用意する持ち物です。

 それから念のための薬です。これも海外で手に入れようと思えば買えますが、海外の薬は強烈に強い場合があって、なんかあまり好きになれません。日本人には、なんですかね。アメリカで風邪薬を買ったら、飲んだらすぐ直りました(笑)。ちょっと好きになれません。