電源とコンセントについて:基礎編

 日本と海外の国々では、電源の電圧と、コンセントの形状が違います。海外に旅行するときにも、電気製品は持って行きますよね。携帯電話やデジカメはもちろん、パソコンも持ってきたいという方もいるのではないでしょうか。海外では電源電圧とコンセントの形状が違うため、そのままでは使えない場合が多いです。なので、海外旅行に行くときは、必ず電源とコンセントをどうするか考えておかないといけません。このページでは、海外の電源とコンセントについて考えていきたいと思います。

 海外で電気製品を使うときは、その国の電源電圧とコンセントの形状を考える必要になるわけで、まずはこの2つについて、基礎編として説明します。その後、「どうしたらいいの?」を実践編で考えます。

 電源電圧とコンセント形状の一覧は別ページにまとめました。

電源の電圧

 日本の電圧は、100V(100ボルト)ですね。海外の国々では、110Vとか、220Vとか、違う電圧が電源として使われています。そのため、海外に対応していない日本の電気機器を使ってしまうと、壊れたり発火したりします。国によって微妙に違ったりと、とてもややこしいです。110Vか220Vの国が多く、実は日本の100Vというのは珍しいんですね。どこの国でも、100〜240Vの範囲のどこかを使っています(例外的にこの範囲に入らない国もありますが、ほとんどの人が行かない国です)。だから、100〜240VすべてOKのものは「全世界対応」と書いてあります。

 対応していない電気機器を海外で使う場合にはどうするかというと、電圧を変換する機器(変圧器)が必要になります。

 面倒なことに、1つの国で2種類以上の電圧を使っている場合があります。例えば、韓国は110Vと220Vの両方があります。

コンセントの形状

 日本のコンセントは、ひらべったい板が2本ですね。これ、アメリカのコンセントと同じ形なのです。ヨーロッパは違っていて、丸い棒が2本の国が多いです。まぁ、コンセントの形が違うとそもそもコンセントが刺さらないので、使えませんよね。

 こちらはどうするかというと、コンセントの形状を変換してくれるプラグが必要になります。

 これも、1つの国で2種類以上の形状を使っている場合があります。やはり韓国、3種類です。

絶対に必要な形状変換プラグ

 実践編では変圧器をなるべく買わない方法を説明しますが、形状変換プラグは絶対に必要です。とりあえず買ってきてしまえばOKです。どんな国のコンセント形状も1つで対応してしまうゴーコンという商品がありますが、これは海外によく行く方やコンセント形状が複数ある国に行く場合に便利です。それほどではないよ、という方は個別に形状変換プラグを買ってしまうのも良いと思います。こちらにコンセント形状変換プラグをまとめてあります。

周波数は考えなくていいの?

 日本国内は50か60Hz(ヘルツ)ですが、海外でも50か60Hz以外の国はありません。どちらかだけに対応している電気機器というのは、今時売っていませんので大丈夫です。気になる方は、念のため確認してください。ACアダプターに書いてあります。

電源とコンセントについて:実践編

 さて、基礎編での内容がわかったところで、「というわけで変圧器と形状変換プラグを買いましょう」となるのが普通の解説なのです。しかし。私はそうは思いません。形状変換プラグは絶対に必要なのですが、変圧器は不要な場合が多いんです!実は、ひと昔前は変圧器は海外旅行の必須アイテムでした(私も持っていますし、変圧器は必需品だと考えていました)。ところが今の時代、全世界対応で使えるものが多くなっています。最近の機器は世界中で同じものが売られていますから、全世界対応にしておいた方がメーカーもコストカットできるわけですね。変圧器は値段が高いですし、持って行くにも重いですし、使わないで済むならそのほうが良いと思います。

 みなさんが海外に持っていきたい電気機器って何でしょうか?携帯とデジカメぐらいじゃないですか?いやパソコンも、という人もいるかもしれません。携帯とデジカメは充電をする必要があるわけですが、この充電器、最近のものはほとんど変圧器不要の全世界対応です。

海外で使えるかどうか、簡単な見分け方

 携帯やデジカメの充電器が海外で使えるかどうか、電気機器が苦手な人でも簡単に見分けるポイントは次の2点です。

  • ACアダプターとコンセントが一体化している(デジカメの場合は本体と一体化していることが多い)
  • ACアダプター(本体と一体化している場合は本体)の入力電圧(英語でINPUTと書いてあるかも)が100-240Vになっている

 そんなに難しくないですよね?2番目の100-240Vというのがポイントで、これは100〜240Vに対応していますよ、という意味です。100-240Vであれば全世界対応なので、どこへ海外旅行へ行っても使うことができます。入力電圧の確認を忘れないで下さい。これ間違えると壊れてしまいます。

 ACアダプターからコンセントにつなぐケーブルが出ているタイプのものはほとんど使えません。ACアダプターからコンセントへの接続ケーブルがあるものは、ほとんどの場合、接続ケーブルが全世界対応になっていないんです。ケーブルには使える最大の電圧が書いてありますので、ケーブルが出ている場合はこれも確認してください。

 それでは、まず例を見てみましょう。まずは電池の充電器です。

充電器 充電器コンセント部分 充電器海外対応確認部分
私の電池の充電器、エネループです。 横から後ろを見たところ。コンセントと本体が一体ですね。 背面に入力電圧が書いてあります。100-240V、海外で使えます!

次に、私のデジカメの充電器です。

デジカメの充電器 デジカメ充電器のACアダプターは海外対応 コンセントケーブルが海外非対応
私のデジカメの充電器です。 ACアダプターには「INPUT:AC100-240V」とあるので海外で使えそうですが・・・ ケーブルには「125V」と書いてあります。なんと、ケーブルが125Vまで!全世界対応じゃない・・・。(125V以下の国では使えます)

 ニンテンドーDSの充電器です。ちょっと古いタイプかも。

ニンテンドーDSの充電器は海外非対応
ニンテンドーDSの充電器です。コンセント一体型ですが、AC100V・50/60Hzか、AC120V・60Hzに対応。アメリカでは使えますが、全世界対応ではないですね。

 2番目の例のような、せっかくACアダプターが100-240Vの全世界対応になっているのに、ケーブルが最大125Vまで、というパターンは多いのです。これでは最大125Vまでしか使えないという意味ですから、全世界対応じゃないんです!もちろん、125V以下の国では使えますが。

携帯の充電器は海外で使える?

 携帯電話の充電器は、ほとんどのものが海外どこでも使えます。もちろん、コンセント形状変換は必要ですが。

 下の写真は、左がiPhoneのもの、右がドコモ&ソフトバンク用です。ちなみに、iPhoneは私の今使っているもので、右のドコモ&ソフトバンクは買ったもの(国内出張の時に充電器を忘れていって現地の電気屋さんで買いました)です。

 これ、両方とも全世界OKです。

iphoneの充電器 iphoneは全海外対応 ドコモ・ソフトバンクの充電器。海外OK。
iPhoneの充電器です。コンセント・ACアダプター一体型。ACアダプター小さい! iPhone充電器のACアダプターには「INPUT:AC100-240V」と書いてあって、海外OKです。 ドコモ・ソフトバンク用の携帯充電器。コンセント・ACアダプター一体型です。100-240V対応とシールが貼ってあってわかりやすい(笑)。

デジカメの充電器は海外で使える?

 最近のデジカメのバッテリー充電器は、充電器本体からコンセントが出ていますよね。こういうタイプは本体に入力電圧(INPUT)が書いてあります。だいたい裏側ですね。ここにAC100-240Vと書いてあれば、海外で使えますよ。

 ダメな例は、上の方に載せた私のデジカメです。(そのうち大丈夫な例を載せます。買い換えるか、友人が持っているか探します。笑。)

パソコンは海外で使える?

 パソコンでも考え方は一緒です。海外どこでも使えるよ、というのは、ACアダプターからコンセントまでの接続ケーブルがないタイプです。下に2つの例を載せます。1つはMacBook Air(私の今のパソコン)、海外で使えます。もう1つは昔使っていたシャープのメビウスのもので、ケーブルが最大125Vでダメなパターンです。

macbook airのACアダプター。海外OK。
MacBook AirのACアダプターです。コンセント一体型ですね。100-240Vと記載があって、海外で使えます。
ノートパソコンの充電器 ノートパソコン充電器のACアダプター ノートパソコン充電器のケーブル
ノートパソコン(MEBIUS)のACアダプターです。コンセント接続ケーブルがついています。 ACアダプターには100-240Vとなっていて海外対応ですが。。。 ケーブルの最大電圧は125Vで、全世界対応ではありません。

ケーブル付きでもなんとかならないの?

 ケーブルが取り外せるものであれば、ケーブルを交換してしまうという方法があります。海外どこでも使えるケーブルが売っているんですよ。こちらのページで紹介しています。私の持っているケーブルが下の写真。これは日本国内では使えないのですが、海外では使えて、250Vまで対応。サージプロテクター(雷などの時の故障防止)とノイズフィルター(電源が不安定な国での対策)がついています。海外に行ったときはこれを使って、日本では付属していたケーブルを使えばOKです。

 注意することは、コンセント接続ケーブルの口のタイプです。一般的には2つ口のタイプが多いのですが、たまに3つ口のタイプがありますので注意しましょう。

海外対応コンセント接続ケーブル 海外対応コンセントのズームアップ
私の持っている海外対応ケーブルです。ロードウォーリアという会社のケーブルです。 2つ口タイプに対応。最新のものは3つ口もあるようです。電圧も最大250Vで大丈夫。

変圧器を使う場合の注意点

 変圧器を使うときは、ワット数に注意しましょう。市販している海外旅行用の変圧器は、容量が小さい(そんなに大きいワット数に対応していない)ものがほとんどです。持って行く機器の消費するワット数をチェックしておく必要があります。

 例えば、私が持っている変圧器の場合、220V(ヨーロッパに多い)の国で使うと40WまでOKです。これ、リンク先の写真を見てもらうとわかりやすいのですが、2つコンセントがささります。私の携帯の充電は5Wで、デジカメの充電は13Wで、合計18W。この変圧器で両方同時に使ってもOKです。

 ところが、私が仕事で使っているノートパソコンは最大65Wなので、これは40Wを超えてしまってダメですね。電子式の値段の高い変圧器を使えばOKですが、電子式はコンセント差し口が1つのものが多いので考えどころです。あまり高い変圧器を買うのも、よく海外旅行に行く人はいいですが、そうでない人にとっては高額な出費になってしまいます。なにを優先するかを考える必要がありますね。

海外で使えるかどうかの判別:一般論

 最後に、海外で電気機器が使えるかどうかを判別する一般論です。持っていく1つ1つの電気機器について、海外に対応しているかどうか判別しないといけません。電気に詳しい方は特に説明はいらないと思いますが、わかりやすいように判別方法を下のYES-NOの質問に答えていけばわかるようにしてみました。

電気機器が海外で使えるか

管理人の装備紹介

管理人の今持っているもの:
全世界対応ケーブル 1本
ゴーコン(全世界対応形状変換プラグ) 1個
形状変換プラグ(各国個別型) 何個かある
変圧器 1台(今はほとんど使っていない)

 私の場合、海外に持っていく電気機器は携帯・デジカメ・パソコンの3点です。他にはあまり持って行きません。この3つのうち、携帯はコンセントとACアダプターが一体型なので、形状変換プラグでOKです。パソコンは、全世界対応ケーブルと形状変換プラグで対応します。デジカメもケーブルで対応できるので、ケーブルを使います。パソコン使うときはケーブルをパソコンに使って、寝ている間は充電するためにデジカメにケーブルを使います。

 変圧器は持っているのですが、実はほとんど持って行きません。重いですし(笑)。例外的に必要になった時だけ、持って行っています。これ、わざわざ買ったわけではなくて、私が海外に行き始めたころはACアダプターも全世界対応になっているものが少なくて、必須アイテムだったんです。今はそういったことがなくなりましたね。