最初に海外への格安航空券の種類とタイプを理解する

 航空会社の発行する正規航空券とは違う格安航空券。航空券には3種類あり、普通運賃航空券、PEX航空券、格安航空券となります。

普通運賃航空券

 定価で買うもの。高いが、日程などの融通がきく。

PEX航空券

 航空会社が割引したもの。割引き率各社様々。シーズンによっては非常に安い。正規割引航空券、とも言われる。

格安航空券

 格安航空券はツアー用に航空会社が特別に安い価格で用意したもので、通常ITチケットと呼ばれます(IITというのもあるようです)。つまり、格安航空券を買って海外旅行する場合、ツアーに参加していることになるわけです。航空会社がツアー用に用意して旅行会社にまとめて卸したものを、ばら売りで買う。これが格安航空券です。空港でチケットをもらった瞬間から、ツアーから離団しているのです(笑)。

次に格安航空券を比較する

 一般に、格安航空券というとツアー用の航空券のばら売りを指すようですが、PEX航空券の時もあります。場合によってはPEXの方が安かったりします。ここでは、ツアー用航空券を「格安航空券」と言います。

 航空会社のHP(JAL、ANAがいい)で値段をチェックしてみてください。普通運賃とPEX運賃(割引運賃)が検索できます。PEX運賃はJAL悟空や早割など、航空会社が独自に条件を設定して割引を行っているものです。航空券の基本は、安くなればなるほど自由が利かない、ということです。格安航空券は自由度がとても低いです。経路変更・日程変更をするのは難しく、可能でも追加料金が必要だったりします。

 主な航空会社のPEX航空券の価格はこちらから。

 それぞれのメリット、デメリットを簡単にまとめると次のようになります。

海外格安航空券の種類
普通運賃航空券 PEX航空券(正規割引) 格安航空券(IT航空券)
価格 高い 安い とても安い
払い戻し 可能 手数料必要 原則不可
経路変更 可能 不可 不可
OverBook ない 基本的にない ある
マイルでアップグレード 可能 可能 不可

 普通運賃航空券なら、帰りをもう少しのばそう、などという自由も利くわけですが、格安航空券はそうはいきません。ともかく、自由を制限される代わりに、航空会社に確実な売り上げを提供して、そのかわりに安くしてもらう、というのが基本です。さらにツアー用ですから、価格の下げ幅は旅行会社の頑張り次第、ということになります。

 具体的なチケットの手に入れ方は次のページ「海外格安航空券をGETする!」からどうぞ。チケット販売店情報については「リンク集」から。