ヨーロッパ路線の格安な航空券は?

 日本−ヨーロッパ路線は数多くの航空会社が就航していますから、格安な航空券もいろいろとあります。ヨーロッパ路線の基本は、主要空港までとにかく行って、あとは乗り継ぎ線を使います。格安航空券を考える前に、各路線を考えてみましょう。

路線は以下、3つの分類に分けます。

  1. 日本系航空会社(JAL、ANA)
  2. ヨーロッパ系航空会社(各国航空会社)
  3. 乗継アクセス航空会社(大韓航空・キャセイパシフィックなど多数)

 とにかくヨーロッパは国の数が多いですから、主要各国の航空会社が直行便を運行しています。日本系航空会社も直行便です。

 格安航空券となると、3の乗継アクセスが可能な航空会社が最も多くなります。時間はかかりますが、なにせヨーロッパ路線は高いので、値段の面では大きな差があります(特にピーク時)。最近は価格差が少なくなってきましたが、私の経験では、直行便ヨーロッパ系航空会社と乗継アクセス航空会社とでは5万近い!差があったこともあります(ピーク時)。とにかく安い格安航空券でヨーロッパに行く!というのなら、乗継をしましょう。直行便は高いのです。

 乗継の航空券に1つ問題があるとしたら、それは直行便のない都市に行く場合です。たとえば、イタリアのフィレンツェに行くとして、ローマには寄るつもりはない、なんていう場合です。例えばソウルでの乗継航空券を利用してしまうと、日本〜ソウル〜ローマ〜フィレンツェというように、3回飛行機にのることになってしまいます。ヨーロッパに入ってから乗継が必要な都市への旅行の場合、ちょっと面倒ですよね。ここは航空券を安くするために時間をかけて乗継で行くか、楽に行くために直行便で行くか、考えどころです。

 ヨーロッパ内の都市間の料金差は無い、というのが普通です。パリもフランクフルトも値段は基本的に一緒です。これは「ヨーロッパ共通運賃都市」というのがあって、この都市に含まれる場合は航空券の価格が同じ、ということになるからです。このため、乗り継いでも料金は一緒、ということがよくあります。

 もしも時間的に余裕があるなら、乗継アクセス航空会社の格安航空券を使って、乗り継ぎ地点でストップオーバーができると楽しいです。乗り継ぎ地点は香港・ソウル・クアラルンプールなど、結構魅力的な都市があります。

価格の違いは?

 さて、次に航空券価格の違いの例を見てみましょう。ヨーロッパ行きの例として、ここでは成田発でパリへ旅行するとして、航空会社の分類別の違いを見てみたいと思います。普通に検索した場合(低価格帯にはアジアでの乗継型の航空券が出てきます)、JALとANA限定の場合(直行便)、ヨーロッパの航空会社限定(ヨーロッパでの乗継ありを含む)、ヨーロッパの航空会社限定(直行便)の場合の4通りです。ホテルとセットでの予約を考えている方は、ツアーも候補に入れると良いです。ツアーについてはこちらのヨーロッパツアーのページもあわせてご覧ください。

成田発パリ行 価格帯の違いの例
普通に検索 日系航空会社
欧州系航空会社 直行便

 どうでしょうか?(ここで表示される価格には燃油サーチャージは含まれていません。)航空券の値段は時期によっても違うので何とも言いにくい部分もあるのですが、アジア乗継<ヨーロッパ乗継<ヨーロッパ系直行便<日系となったと思います。ここで値段以外に重要なポイントが1つあります。それは訪問可能都市数です。ヨーロッパの場合、複数都市を訪れるという旅行スタイルは多いですよね。こんなとき、最初からいくつかの都市を訪問可能な航空券を買っておいたほうが良いわけです。つまり、ヨーロッパ内を飛行機で何カ所か移動するための航空券もセットになっているかどうか、をチェックする必要があるということです。上の例だと、もしかしたら日本系とヨーロッパ直行便が同じぐらいに見えたかもしれません。しかし、訪問可能都市数を見るとどうでしょうか?ヨーロッパだけには限らないのですが、格安航空券を買うときに訪問可能都市数のチェックはとても重要です。

フライト時間

 フライト時間の例を挙げておきます。東京発、フランクフルト行で検索してみると、

ルフトハンザ直行便 11時間40分
エールフランス パリ経由 13時間05分 + 乗継待ち時間
大韓航空 ソウル経由 14時間40分 + 乗継待ち時間
キャセイパシフィック 香港経由 15時間00分 + 乗継待ち時間

となります。乗継時間は空港での待ち時間です。もちろん一番早いのはヨーロッパ直行便で、次にヨーロッパ内での乗継便、最後にアジアでの乗継便、というようになります。

航空会社による違い

 JALとANA以外の飛行機に乗る場合の注意点としては、キャビンアテンダントさんがほぼ全員外国人だということです。当たり前ですが(笑)。飛行機に乗った瞬間から外国だと思いましょう。ただ、どの航空会社も日本路線では1人は日本人が乗っていますので、ピンチの時は問題ありません。それでも普通に機内で過ごしているときは、基本的に日本人の方は来ないと思っていたほうがいいです。そりゃそうです、人数が違うのですから。乗継型の航空券の場合、乗り継いだ先には日本人は基本的にいません。例えば、キャセイで香港で乗り継いだら、香港からヨーロッパまでの一番長いフライトに、日本人はいないということです。不安だと思う方は、直行便にしましょう。

 それから、機内食があまり美味しくないかもしれません。やはり、JALとANAは機内食が良いのです。まぁ、エコノミーの機内食というのは安い弁当だと思えばいいので、基本的にはどこでもたいしたことはありません。それでも(だからこそかもしれませんが)海外航空会社の機内食は口に合わない、という方もいます。私は基本的になんでも食べてしまうのですが、ルフトハンザだけは許しません(笑)。メニューが、カレー、海苔巻き、そうめん、パン、デザートでした。そりゃ日本風にしたつもりでしょうが、なんですかこの炭水化物攻めは。。。こういうのに当たったら、海外旅行の醍醐味とあきらめましょう。

格安航空券をどう探す?

 格安航空券の料金は次のものの合計になります。

航空券代金 + 海外諸税 + 空港使用料 + 燃油サーチャージ

 海外諸税と空港使用料は代理店によって表記が異なる場合もありますが、国内外の空港使用料などです。これは航空会社や代理店によって基本的にはそれほど差はないです。(微妙に違うことがあります)

 燃油サーチャージは詳しくは燃油サーチャージの解説ページを見ていただきたいのですが、簡単に言うと飛行機の燃料代です。原油価格によって変化しますので、時期によって違います。航空会社ごとに発表されています。一覧は下の表にあります。ヨーロッパ路線はかなりややこしく、フライトによって燃油サーチャージが大きく変化します。燃油サーチャージが往復で1〜2万違うフライトがありますので、単純に航空券代金だけで比較ができません。燃油サーチャージの一覧は下の表にあります。

 そうなると、総額表示ではない代理店で航空券を探すと、ちょっと面倒なことなります。総額表示ではないサイトで航空券代金の最安値帯を探すと、燃油サーチャージは問い合わせしないと分からないことが多いので、問い合わせ前の段階ではサーチャージの一覧表を見ながら予想額を計算することになってしまいます。

 そのため、総額表示の代理店を使うのが便利です。特に、日系・欧州系のフライトを使いたい場合はどこで予約をしても大きく差が出ませんので総額表示の代理店を使うのが良いです。アジア乗継便の場合は頑張って探す方法もありますが、総額表示のサイトであたりを付けておく必要があります。

 ともかく燃油サーチャージだとか考えるのが面倒だ、という人は総額表示の代理店を利用しましょう。それほど、高いこともないですよ。

主な航空会社のヨーロッパ路線の燃油サーチャージ(欧州内最初の空港まで・片道)
航空会社料金適用期間
中国国際航空10000円(90EUR)2011/10/1〜2012/3/31
中国東方航空11600円(145USD)2011/6/20〜2012/3/31
スカンジナビア航空17000円(170EUR)2011/1/1〜2012/3/31
キャセイパシフィック18000円2011/10/1〜2012/3/31
KLMオランダ航空19500円2011/10/1〜2012/3/31
エールフランス航空21000円2011/10/1〜2012/3/31
オーストリア航空21000円2011/10/1〜2012/1/31
タイ国際航空21280円(266USD)2011/10/1〜2012/3/31
チャイナ・エアライン(台湾)22400円2011/10/1〜2012/3/31
JAL23500円2012/4/1〜2012/5/31
ANA23500円2012/4/1〜2012/5/31
ルフトハンザ航空24500円2012/1/24〜2012/3/31
スイス航空24500円2011/12/1〜2012/3/31
マレーシア航空24960円(312USD)2011/10/1〜2012/3/31
アシアナ航空25000円2011/10/1〜2012/3/31
大韓航空25000円2011/10/1〜2012/3/31
ブリティッシュ航空25000円2011/10/1〜2012/3/31
アリタリア航空25300円2011/10/1〜2012/3/31
主な航空会社のヨーロッパ内の燃油サーチャージ(欧州内都市間・片道)
航空会社料金適用期間
アリタリア航空1000円2011/10/1〜2012/3/31
ブリティッシュ航空1680円(14GBP)2011/12/20〜2012/3/31
ルフトハンザ航空2200円2012/1/24〜2012/3/31
KLMオランダ航空3200円2011/10/1〜2012/3/31
スイス航空3500円2011/12/1〜2012/3/31
エールフランス航空4000円2011/10/1〜2012/3/31

ヨーロッパ路線の航空券・まとめ

 前のセクションで考えた格安航空券の状況をまとめると次のようになります。

  • アジア系航空会社:乗継便・・・燃油サーチャージに差がある。総額を常に意識しないとだめ。
  • ヨーロッパ系・日経航空会社:乗継便・・・燃油サーチャージに大きな差はないが、サーチャージだけで数千円〜1万円程度は差がでるときがある。
  • 直行便・・・燃油サーチャージにさほどの差はない。サーチャージの違いは1万円以内。

 こういう事情があるため、ヨーロッパ路線は少し厄介なのです。燃油サーチャージの表を見ながら狙って様々なサイトを探すのも良いですし、わかりやすい総額表示の代理店で買ってしまうのも1つの方法です。私の場合は総額表示の楽天トラベルとトルノスで調べます。正直、ヨーロッパ路線で様々考えながらとにかく安いもの、と探しまわるのは大変な労力が必要です。

 代理店の燃油サーチャージへの対応状況を下にまとめておきました。

格安航空券サイト・燃油サーチャージ対応状況
楽天トラベル空席照会後、オンラインで判明。使いやすい。ほとんどの場合、ここが最安値となっている。
AB-ROAD航空券販売元業者に問い合わせ後に総額判明(メールでわかる)。面倒。安いチケットが見つかるが、条件が悪いこともあるのでチェックが必要。
イーツアー 空席照会後、オンラインで判明。使いやすい。こちらも、路線によっては安いものがみつかる。
トルノス 総額表示。JTB系列の安心感。フライト条件の良いチケットのみだが、同レベルのチケットなら他に負けていない。
ヤジキタ 総額表示。こちらもフライト条件のよいチケットのみで、価格帯はトルノスと競争している。数はトルノスの方が多い?

最新格安航空券都市別価格情報(楽天トラベル)
ロンドン パリ ローマ ミラノ
アムステルダム ウィーン プラハ ヘルシンキ
チューリッヒ フランクフルト マドリード その他の都市

一覧はこちら、格安航空券サイト「検索リンク集」からどうぞ。

以下は、分類別に航空券を買うときの注意点など、いろいろと考えておきたいと思います。

日本系航空会社のヨーロッパ路線は格安か?

 基本的に、日本系航空会社には格安航空券がありません。PEX航空券のみですので、PEXと格安航空券の差が小さい場合、もしくはちょっとお金を出してサービスのいい日本系に乗りたいとき、というのがこれを選ぶ場合でしょうか。

日本の航空会社 ヨーロッパ直行便 2011/05現在
  成田発直行便 羽田発直行便 関空発直行便
日本航空(JAL)
ワンワールド
ロンドン、フランクフルト、パリ、ヘルシンキ(CS) パリ ヘルシンキ(CS)
全日空(ANA)
スターアライアンス
ロンドン、パリ、フランクフルト、ミュンヘン、チューリヒ(CS)、ウィーン(CS) フランクフルト(CS)

CSはコードシェア便(共同運航便)です。最新路線情報は下のリンクでチェック。

JAL路線図 http://www.jal.co.jp/network/
ANA路線情報 http://www.ana.co.jp/int/airinfo/networkmap/

ヨーロッパ系航空会社の格安航空券は?

 ヨーロッパ系航空会社の直行便は、格安航空券とはいえ高いです。基本的には日本系より若干安いぐらい、という感じです。ですが、なにせ遠いヨーロッパ、時間がかからないことは魅力です。時間か金か、この2者択一は海外フライトの基本ですね(笑)。

ヨーロッパ系航空会社 ヨーロッパ直行便 2011/05現在
  成田発直行便 羽田発直行便 関空発直行便
エールフランス
スカイチーム
パリ パリ(CS) パリ
ルフトハンザ航空
スターアライアンス
フランクフルト、ミュンヘン フランクフルト
オーストリア航空
スターアライアンス
ウィーン
KLMオランダ航空
スカイチーム
アムステルダム アムステルダム
アリタリア航空
スカイチーム
ミラノ、ローマ ローマ
スカンジナビア航空
スターアライアンス
コペンハーゲン
ブリティッシュ航空
ワンワールド
ロンドン
バージンアトランティック
独立(ANA提携)
ロンドン
フィン・エアー
ワンワールド
ヘルシンキ ヘルシンキ
スイス航空
スターアライアンス
チューリヒ

最新路線情報は、各社のリンクからどうぞ。路線情報のページに飛びます。

乗継アクセス航空会社の格安航空券は安い

 ヨーロッパ行きの格安航空券といえば、これです。時間はかかりますが、価格は安いです。ソウル経由の格安航空券が時間がかからず、楽でしょう。しかもソウル経由だと、日本各地から出発できるメリットもあります。経由地別に分類します。ただし、すべてを把握しているかどうかは不明です。申し訳ありません。なにせ、路線数が多い。格安航空券でよく見るものはすべて挙げておきます。

乗り継ぎのあるヨーロッパ路線 2011/05現在
乗継都市 航空会社 発着地
ソウル 大韓航空 東京(成田・羽田)、関西、名古屋、福岡、札幌、函館、青森、秋田、新潟、小松、岡山、静岡、大分、長崎、鹿児島
ソウル アシアナ航空 東京(成田・羽田)、関西、名古屋、札幌、仙台、福岡、旭川、福島、広島、茨城、熊本、松山、宮崎、沖縄、静岡、高松、富山、米子
香港 キャセイ・パシフィック 東京(成田)、関西、名古屋、福岡、札幌
クアラルンプール マレーシア航空 東京(成田)、関西
バンコク タイ航空 東京(成田・羽田)、関西、名古屋、福岡
シンガポール シンガポール航空 東京(成田・羽田)、関西、名古屋、福岡
モスクワ アエロ・フロート 東京(成田)
北京 中国国際航空 東京(成田・羽田)、関西、名古屋、福岡、仙台、札幌
上海 中国国際航空 東京(成田・羽田)、関西、名古屋、福岡、仙台

次に各社の行先を挙げます。

乗り継ぎのある航空会社の就航先 2011/05現在
大韓航空
スカイチーム
フランクフルト、ロンドン、パリ、ローマ、ミラノ、ウィーン、チューリヒ、プラハ、マドリード、アムステルダム
アシアナ航空
スターアライアンス
フランクフルト、ロンドン、パリ
キャセイ・パシフィック
ワンワールド
フランクフルト、ロンドン、パリ、ローマ、ミラノ、アムステルダム
マレーシア航空
独立
フランクフルト、ロンドン、パリ、ローマ、アムステルダム
タイ航空
スターアライアンス
フランクフルト、ロンドン、パリ、ミラノ、ローマ、チューリヒ、ミュンヘン、マドリード、アテネ、コペンハーゲン、ストックホルム、オスロ
シンガポール航空
スターアライアンス
フランクフルト、ミュンヘン、ロンドン、パリ、ローマ、ミラノ、バルセロナ、チューリヒ、マンチェスター、アテネ、アムステルダム、コペンハーゲン
アエロ・フロート
独立
ヨーロッパ都市多数
中国国際航空
スターアライアンス
ローマ、マドリード、パリ、ミュンヘン、ロンドン、フランクフルト、ストックホルム