ホテルと航空券がセットのダイナミックパッケージ

 最近増えてきている海外旅行の予約方法に「ダイナミックパッケージ」というものがあります。これはホテルと航空券をセットで予約することで、割引になるというものです。普通のツアーと違って、基本的にはネット上でしか予約できません。インターネット上で「動的に(dynamic)」旅行内容を変更できるからダイナミックパッケージとか、ダイナミックツアーとか呼ばれています。一般の海外ツアーに比べて、航空券とホテルの選択が自由にできるようになっています。もちろん、ホテルと航空券を別々に予約する場合に比べて自由度は低くなります。

 パッケージツアーというと、旅行会社がすべて用意してくれるツアーのことです。ダイナミックパッケージというと、自分でいろいろ選べるツアーのことです。言葉が似ていますので、注意してくださいね。

ダイナミックパッケージで行く海外旅行の特徴

 ダイナミックパッケージで行く海外旅行は、ホテルと航空券とを個別予約する場合より自由度は低いですが、パッケージツアーよりも自由度は高いです。まずは特徴をまとめてみます。

ダイナミックパッケージの特徴
 航空券/ホテルを別々に予約ダイナミックパッケージパッケージツアー
価格普通安いさらに安い
航空機の選択自由に選べる自由に選べる選べない
ホテルの選択自由に選べる比較的自由に選べる旅行会社が提案するいくつかのホテルから選ぶ(選択肢が少ないことも)
行程自由に決められる宿泊都市が制限されることが多いツアー内容で決まる
出発地自由に決められる自由に決められる出発地が限定される

 この表である程度おわかり頂けるとは思いますが、海外旅行は料金と自由度が反比例します。自分で全部用意すればとても自由度は高いのですが、料金はかかってしまいます。パッケージツアーのようにほぼ全部を旅行会社にお任せにすれば安いですし楽にはなりますが、自由度は低くなります。どんな旅行をするのか、考えてみてくださいね。それによって、どうやって旅行を手配するかが変わってきますので、ダイナミックパッケージがよさそうだな、となればこれを使ってみてください。

航空券が安くなる仕組み

 ダイナミックパッケージも、一般的なパッケージツアーもそうですが、こういったツアー用の航空券はITチケット(団体旅行用航空券)が利用されます。だから航空券が安くなるわけですね。ITチケットがばら売りされると格安航空券となるわけです。日本の航空会社であるJALやANAの場合、ITチケットのばら売りはありません。正規割引航空券(PEX航空券)のみの販売になります。だから、JALやANAに乗って海外旅行に安く行こうと思うとツアーしか手がないのですが、このダイナミックパッケージであれば自由度高く、しかもJALやANAに乗っていけるというメリットもあるのです。特にANAはダイナミックパッケージの自由度がとても高いので、国内航空会社を利用しての海外旅行となればANAのダイナミックパッケージはイチオシです。

各社のダイナミックパッケージ解説

 現在のところ、私の知っているダイナミックパッケージを販売する海外旅行会社は6社です。そのうち2社は、ANAとJAL。航空会社の直販ですね。ここでは各社のダイナミックパッケージを比較していきたいと思いますが、その前に会社を選ぶ際のポイントを書いておきます。

  • 自由度は旅行会社によって違う(旅のスタイルと併せて考えないといけない)
  • ホテルも旅行会社によって違う(どこでも同じホテルが予約できるとは限らない)

 まず、旅行の自由度が会社によって違います。全日程を同じ都市、同じホテルで予約するところが多いです。自由度が高いのはエクスペディア、それに次ぐのがANAツアーです。その他の会社は、全泊同一都市・同一ホテルです。これ、海外旅行のスタイルを考える上でとても重要な点です。

 またダイナミックパッケージも、あくまで海外ツアーの一種です。ホテルは各旅行会社によって抑えているところが違います。そのため、同じ内容のダイナミックパッケージでも旅行会社によってホテルは大きく変わってきます。ホテルを自由に選べるのは、エクスペディアです(もともとはホテル予約サイトなので)。良いホテルがないなぁ、と思ったら、別の会社で検索してみるとよいです。

 各社の特徴説明は以下に書きますが、私なりの結論を言ってしまうと、日本の航空会社で海外旅行に行きたいならANAツアー、旅行の自由度を求めるならエクスペディア、自由度無くてもいいならトルノスというところです。

海外ダイナミックパッケージの比較(2012/02現在)
  ANA海外ツアー JALパック エクスペディア トルノス 楽天トラベル e-tour
航空券ANAJAL各社各社各社各社
ホテル到着日は到着都市に宿泊。最低2泊。同じホテルでなくてよい。全泊同じホテル最低1泊全泊同じホテル全泊同じホテル全泊同じホテル
オープンジョー不可不可不可不可不可
送迎片道送迎(一部都市除く)・復路オプション片道送迎・復路オプションオプションなしオプションなし
現地ツアーなしなしなしなしオプションなし
その他海外旅行保険付き

オープンジョー・・・到着都市と出発都市が異なる旅行行程のこと。

ANA海外ツアー

 ANAツアーのダイナミックパッケージは「WEBフリープラン」という名前になっています。その名の通り、WEBでの予約が必要です。もちろん航空券とホテルのセットで、オプションで送迎(往復・片道選択可能)が付けられます。さらに海外旅行保険がついています。予約できる都市はANAのフライトがある都市のみです。条件は最低2泊、到着日は到着都市に宿泊。価格は、安いです。航空券単体ではPEX航空券しか手に入らないANA、ANAツアーのダイナミックパッケージはITチケット(いわゆる格安航空券)価格となります。ITチケット価格でANAに乗るには、この方法しかありませんから、安く日系航空会社で海外旅行に行きたい、という方にはうってつけです。

JALパック

 JALパックのダイナミックパッケージは「海外ダイナミックパッケージ」という名前です。そのままでわかりやすいですね。ホテルと航空券のセットに、片道送迎が必ずついています。都市によっては往復送迎になるそうです。全日程同一ホテルに止まる必要があります。価格は、うーん。ITチケット価格を謳っていますが、それほど安いという印象はありません。自由度・価格の点で考えると、私なら日系航空会社ならANAツアーの方を使いたくなりますね。

エクスペディア

 エクスペディアは「ダイナミック海外ツアー」という名前です。ホテルと航空券のセット、送迎はオプションとなります。ここの特徴は、ホテルの種類が豊富なこと(ホテル予約サイトですので当然ですが)、自由度が高いことがあります。1泊でもOKですし、旅行中いつ泊まっても大丈夫です。さらに、2都市訪問プランもあって、この場合航空券はオープンジョーとなります。価格は、ホテルの予約をある程度すればとても安いです。航空券は各社から選べますが、基本的には格安航空券のセクションでお話ししたような傾向通りの価格です。乗継なら安い、とか。もともとホテル予約がメインなのもあるかとおもいますが、航空券の種類はあまり豊富ではありません。ホテルの自由度が高いのがポイントで、自由に日程を決める海外旅行が好きな私のお気に入りです。

トルノス

 トルノスには単純に航空券とホテルをまとめて予約するものと、ダイナミックパッケージとしてセットで割引になるものの2つがありますので注意が必要です。複数ホテルの予約は不可、オープンジョーもできません。ホテルは全日同じホテルに止まる必要があります。価格は同条件のダイナミックパッケージの中では安いです。航空券も好条件のものが多く、サーチャージも込の料金表示なので初心者の方にもおすすめです。

楽天トラベル

 楽天トラベルのダイナミックパッケージは「海外楽パック」という名前になっています。全部の都市ではありませんが、一部の対象都市で送迎や現地ツアーをつけることもできます。こちらも価格は一般的な価格帯です。

e-tour

 イーツアーの海外ダイナミックパッケージも全日同一ホテルでの宿泊が必要となります。価格帯は普通です。航空券の選択肢はとても多いのですが、ホテルの情報量はちょっと少ないかも。